派遣法改正に基づくマージン率公開について

 平成24年10月1日施行の「改正労働者派遣法」に基づき、派遣元事業主に対して毎事業年度終了後にマージン率の情報公開が義務付けされました。マージン率とは、派遣元事業主が派遣先事業所から受け取る派遣料金に占める派遣料金と派遣労働者に支払う賃金の差額の割合になります。尚、マージンには、営業利益以外にも法定福利費、その他経費(福利厚生費・車両費・事務所諸経費等)なども含まれております。
 弊社においては、上記情報の公開を弊社事務所内所定場所にて掲示しておりますので、情報提供が必要な際は、お問合せ頂きますようお願い申し上げます。